2012年02月04日

乾癬をコントロールしよう!


乾癬という病気は、良くなったかと思ったら悪くなったり。
数十年かけて治療する、というケースも珍しくありません。

例え同じ治療をしていても、体調や環境など
ちょっとした違いで悪化してしまうこともあります。

そう、乾癬とは良くなったからといって
安心できない厄介な病気なのです。

乾癬。
その症状も辛いですが、やはり見た目を
気にする患者さんも多くいます。

「人と接する仕事だからなんとかしたい」

「人目を気にせずに外出したい」

当たり前にできていたことが、
乾癬の発症でできなくなってしまうというのは
辛いですよね。

その上効果的な治療法がないと言われては
悲観してしまうのも無理ありません。

でも、諦めないでください。

乾癬の症状が悪化するのには何かしらの
原因があるはずです。

・暴飲暴食
・過度のストレス
・偏った食生活
・風邪
・怪我

乾癬悪化の原因は日常生活の中にあると
言ってもいいでしょう。

あなたの食生活や生活習慣、乱れていませんか?

乾癬の効果的な治療法がないからといって

「じゃあもうダメだ…」

と諦めてしまうのではなく、
少しずつでも日常生活の改善をしていきましょう。

焦らず気長に病気と向きあっていくことが
完治への近道だと言えるのではないでしょうか。




posted by kansen at 15:30| 乾癬の治療法

2012年01月29日

効果的な治療法はない?

効果的な治療法はない?

もしあなたが乾癬だと診断されたとしたら、
1番気になることはなんですか?

「ちゃんと治るのかな…」



そうですね。
治るかどうか、そこがはっきりしないと不安ですよね。



心配しないで、と言いたいところなのですが。


残念なことに乾癬の効果的な治療法というのは
現在ではまだ見つかっていないのです。



「じゃあどうしたらいいの?」

乾癬という病気をよく理解して、
うまく付き合っていくことが大事です。




posted by kansen at 10:47| 乾癬の治療法

2012年01月22日

どんな検査をするの?


1:患部を見る
2:触って状態を確かめる

基本的にはこのように検査を行います。



でもこれで

「これは乾癬だ!」

と確実にわかるわけではないのです。



乾癬は初期段階では他の病気と区別がつけづらいので、
問診と視診、触診だけでは判断できないことがあります。



その場合は、

1:局部麻酔をする
2:小さく皮膚を切り取る
3:皮膚の表皮の状態などを顕微鏡で調べる

このようなもっと詳しい検査を行います。



このときに皮膚に乾癬独特の状態が診られれば、
そこで「乾癬」だと診断されるのです。



皮膚を切った後はちょこっとですが縫うそうです。

ちょっとでもなんだか「縫う」と聞いただけで
痛いような気がしてきますね。



でも!

乾癬が悪化してしまったらそれよりも
もっと苦しむことになってしまうのですから、
ここは少しの我慢です!



posted by kansen at 11:10| 乾癬の治療法

2012年01月20日

乾癬は何科で診てもらえばいいの?


「皮膚に赤いぶつぶつができた」

体の異常って怖いですよね。

でもいざ病院で診てもらおう!
と思っても何科に行けばいいのか
わからない…。

あまり病気をすることがなく
病院なんて行く必要のなかった人
なら尚更ですよね。

こんなときは何科に行けばいいのでしょうか?



乾癬は皮膚の病気ですから皮膚科で診てもらいましょう。



ただし!

「とりあえず行けばいいや」

と思っている人は注意してください。



乾癬は初期段階や軽症の場合、他の皮膚の病気と区別が難しいのです。

それに、同じ皮膚科医でも意見や治療法が異なる場合があります。

「じゃあどうすればいいの?」

そんなときに役に立つのがセカンド・オピニオンです!


セカンド・オピニオンで他の医療機関
の皮膚科医からの意見を聞くことができます。


自分の身体のことですから受診した皮膚科で何か不安なことが
あればセカンド・オピニオンを活用するのもいいと思いますよ。



posted by kansen at 11:55| 乾癬の治療法