2013年06月10日

「乾癬地獄脱出」の重要な3つのポイント


 乾癬の原因は、医学でもまだ完全に解明できていない状態で
日本では約10万人が苦しんでいるといわれています。



特攻薬も無く完全に治らないので、治すのではなく症状が
出ないように付き合わなくてはいけません。

 

この乾癬には幾つかの治療方法があります。
村上さんも日本の病院で受けられる治療のすべてを受けたそうです。



 病院での治療の原理は、次の通りです。

「薬を飲めば治る」と良くいわれますが、
実は自分の体を治しているのは自分自身の免疫力です。

 

 乾癬の場合には

1) まず痒みを止める

  掻き毟って患部がこれ以上悪化するのを防がないと皮膚が再生する妨げになる。
  →抗ヒスタミン剤等の処方


2) 炎症を抑える

  皮膚炎が起こっている状態では皮膚の治癒の妨げになるので
  炎症を抑える必要がある→炎症を抑える薬の処方

 

3) かさかさした乾燥状態を抑える

  保湿薬等の処方で保湿を行う必要がある場合に医師は処方する。
  自宅では一般薬でもできる。

 

つまり、皮膚の治癒力を発揮するにはまず痒みや炎症などを
鎮静化する必要があるので医師はそれにみあった薬を処方したり
あるいは治療を施すわけです。



 しかし、実はここに「乾癬地獄脱出」の重要なポイントがあるようです。

 憶えていて欲しい重要な3つのポイントは、 

POINT1 乾癬患者の皮膚は新陳代謝が通常の10倍の速さである。

POINT2 薬は皮膚の自己治癒力を引き出すための補助

POINT3 皮膚は薬で治るのでななく、自己治癒力で治る

 

 実はこの3つのポイントが悪循環になると病院回り薬漬け
そして患部がなかなか改善しない・・という「悪循環」に陥ります。



逆にこの3つのポイントが「善循環」になりはじめると
薬が次第に減ったりあるいはポイントを抑えて使用したりできるようになり
皮膚も自己治癒力できれいになりはじめます。



この3つのポイントを応用して、村上さんは乾癬地獄から脱出しました。




2週間で乾癬をコントロールできる方法を知りたい方は、
下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・

【乾癬2週間脱出マニュアル】